注目されている

ISO140001と今後の動向につて

ISOの規格には様々なものがあり、業種や社内で行っている業務により、取得を目指すものが変わってくる。それらのISOの規格の1つとしてあるのが、ISO14001である。ISO14001は環境への配慮のための規格であり、比較的幅広い業種や業界に関連する規格となっており、取得を目指す企業も増えている。 今日の社会においては、地球環境への配慮を行うことは企業活動を継続的に行っていくうえでも重要なものとなっている。それらの地球環境に配慮した事業展開を行えていることを示す指標としてISO140001は活用できる。ISO14001を取得することで、地球環境へ配慮した企業活動を行っていることをアピールできるため、今後もこの資格取得を目指す企業が増えると考えられる。

ISO資格取得における注意点について

ISO14001の規格の取得においては、いくつかの注意点がある。まずは、ISO規格全般にも関連するが、ISO規格では取得したらそれで良いというものではないということがある。 ISO14001を含め、取得後には定期的にその運用実態が調査され、問題がある場合は資格の取り消しをされる。その為ISO14001を取得後も、継続的に地球環境へ配慮した取り組みを行うなど、資格保持を維持していくことが重要になる。 また、社員に対する意識付けにも注意が必要になる。ISO規格の取得では、取得することで、社外に地球環境を考慮した事業を行っていることをアピールできる。しかし、実際の活動を行う社員の意識が低い場合には、その効果が薄れてしまうため、従業員教育を行い意識付けしていくことも重要になる。