社員証の魅力

社員証はタイムカードにも利用されています

企業の大小に関わらず、就職が決まって働く事になった際に貸与される物の一つとして社員証(ネームプレート)があります。 この社員証、ただ単にその会社の社員である事を示す為だけのものではありません。 これを着装する事で、所属する会社に自由に出入りする事が出来る上に、場合によっては特定の人しか出入りを許されていない重要な場所にも自由に出入りする事ができます。 逆を言えば、この社員証がないと会社の重要な場所に出入り出来ないばかりでなく、自分の会社に入る事すら出来ない、或いは自分の身分すら証明出来ないという非常に厄介な場面に遭遇する事になります。 そうならないためにも、社員証の取り扱いは普段からしっかり注意を払う必要があるのです。

社員証の利用方法は企業によって様々ですが、一番の利用方法はタイムカードとして使用する事でしょう。 会社に出勤したり退出する場合、タイムカードを機械に打刻させる事で出退勤状況を把握することにより、勤怠管理及び給与計算の基としています。 但し、この場合だと社員証とタイムカードは別々となるので少々扱いが面倒ですし、紛失の危険性もあります。 そこで社員証とタイムカードの利用を共通化する事で、出退勤管理を一本化する事が出来ますし社員証の紛失防止にも役立てる事が出来ます。 社員証をカードスリットに通したり、ICチップを内蔵させて出勤する時にカードリーダーに読み込ませたりする方法もあります。 この様に社員証は社員である事の証とするだけに留まらず、自身の勤怠管理にも役立つ事が出来るのです。