秘密文書の管理

機密文書の消去処理は、無料ソフトでも完全消去出来るようになってきました。

企業でパソコンを利用する場合、企業業績や人事情報などの機密情報が含まれた文書を取り扱うことが多々あります。そこで、機密情報の漏えいを防ぐためにも、文書ファイルには暗号化処理をほどこすことをおすすめします。 パソコンに書き込んだ情報は、ファイル名やフォルダを消去しただけで、ハードディスクに実データが記録されたままの状態になっている場合がほとんどです。これは、パソコンの基本OSのファイル管理機能の特徴であり、ハードディスクにおいてファイル名等を管理する部分と実データの読み書きを管理する部分が異なるために起こる問題です。 機密文書の書かれたディスクの情報を完全消去する作業は、以前は専門業者に依頼して行なっていましたが、最近は記録データを完全消去するソフトが無料で配布されている事も多く、初心者でもユーザー自身の作業で処理する事が可能になりました。 簡単に入手できますし、作業は簡素で費用もかからないので、処分する際には必ず消去処理を行なう事をおすすめします。

情報漏えいへの対策として業務データは暗号化を施すことを義務付けましょう。

機密文書は、企業の営業情報や人事情報、また開発中の製品の仕様や規格、具体的な設計方法に至るまで様々な種類の情報が含まれます。 機密文書の取り扱いですが、関係者にとっては当たり前の情報でも、第三者からすれば非常に重要な企業内情報出会ったりする事があります。 これは、情報ファイルを取り扱う当人にとってその情報があまりに日常的に取り扱われているために起こる軽率な行為になります。 しかしながら、一旦外部に流出した情報を削除する事は出来ません。従って、万一の不注意などによって情報が流出したとしても最悪機密情報が漏れないように、業務情報を記載したファイルにはすべて暗号化処理を施すことを義務付ける事が最善策だといえます。